寺嫁主婦のよもやまブログ

元司法試験受験生だったアラサー主婦がよもやま話をするブログ

お雛様到着。

ウチにも女の子が産まれたということで

 

 

お雛様を買いました💡


f:id:goma1210:20180206140306j:image

 

正確には、1ヶ月前くらいにお店に行って買ってきてはいたのですが

 

本日、お届け日ということで

お寺のほうに届けていただきました。

 

 

さて

 

 

下の子が産まれた時に

 

「女の子だ!」

「じゃあ今度はお雛様も買わないとね」

 

という話に自然となったのですが

 

 

いざ、買うとなると

 

そもそも、何の為に買うの…?

とか

このお人形たちって、そもそもなに??

とか

 

 

色々、気になることが出てきましたので

 

ワタクシなりに、ネットで調べてみました。

 

 

 

その結果をざっくり言うと

 

・お雛様(五月人形も)は、産まれた子に降りかかる災厄を代わりに引き受けてもらうためのお守り

 

・お雛様は、結婚して嫁入りする際の天皇家の姿を模したもの

 

ということらしい、ですね。

 

 

…?

 

ふと思ったのです。

 

これって、要約するとつまり

 

天皇家を模した人形に災厄の身代わりをしてもらう」

 

ってこと??

 

 

それでいいのか!?日本人!!

 

って思ってしまった(;´∀`)

 

 

もし本当に、天皇家に対する敬いの気持ちがあったら、きっとこうはなってなかったと思うんですよねぇ。

これが江戸時代から続いてるっていうのが、もう…

 

 

ま、日本って昔からそういうお国柄だったのね(^^;

 

 

ではまた(^-^)/

節分…でした(^^;

2月3日は節分!

 

 

…ということで、イベントをやるお寺では色々と忙しかった様です。

 

 

私の数少ない知り合いの、寺嫁仲間で作ったLINEのグループトークでは、その話題でひとしきり盛り上がりました。

 

 

地域の豆まきイベントの会場にお寺を提供しているところがあったり

 

コストコで何百本の恵方巻を買ってこなきゃいけないところもあったり

 

節分の時に檀家の役員さんに手作りバレンタインチョコを渡す習わしのあるお寺もあるそうで

 

 

いやぁ~、お寺のイベントってホント、寺によってそれぞれですね。

 

 

 

 

…え?ウチ??

ウチは特にやりませ~ん!

 

豆まきして、のり巻き作って食べて終わり✌️

 

ホント、それぞれでしょ?(笑)

 

 

ではまた(^-^)/

母子手帳ケースって必要

子供が二人になった今

モーレツに欲しいのが

 

母子手帳ケース。

 

 

妊娠中に読んでた雑誌とか、応募用ギフトとかに

たまぁに出てくる

母子手帳ケースを無料でプレゼント!」

なんてのを見ると

 

 

これって必要…?

って思ってました。

 

 

なんでもかんでもケースを用意しても、入れるもの無ければしょーがないじゃん?

それに母子手帳にもある程度のカードとか入るし…

 

とか思ってて

ケースの必要性を全く予想してませんでした。

 

 

…しかぁし!

子供が二人になった、今。

 

 

子供関係のカードや証書をきちんと分ける必要性に迫られています。

 

 

 

掛かり付けの小児科の検診カードや、市から渡された医療証(子供の診察料や治療費がタダになる証書)は

デザインが全く同じなため、間違わないようにちゃんと分けておく必要があります。

 

意外と貯まるのが検診カード。

上の子は既に3枚も持っています。

掛かり付けの小児科に行けなかった場合、他所で診てもらう度にカードが増えていきました。

これが、母子手帳に入る分のカード容量を既にオーバーさせています。

 

あと、忘れがちなのがお薬手帳

これも兄妹でデザインが同じになるうえ

母子手帳には収まらない厄介な奴らですので

しっかりと分けて保管しておきたいものです。

 

 

 

こういう、もろもろのことを考えると

母子手帳ケースを用意して、兄妹での証書や書類をしっかり分けておきたいな、なんて

思うようになったのでした。

 

 

母子手帳ケース

意外と役に立ちそうです。

 

ではまた(^-^)/

檀家数の質問

私がお寺関係者だと聞くと

 

「へ~、そうなんだ。

    檀家さんってどのくらいいるの?」  

 

と、サラッと質問される方がいらっしゃいます。

 

 

 

当人としては社交辞令くらいの意味しかないのだとは思いますが

 

実はこれ

お寺関係者にとっては、意外と失礼な質問だったりします。

 

 

というのも

檀家制度を採用している多くのお寺では

檀家の数がダイレクトに収入に影響します。

 

檀家数をきけば

ざっくりとした年収がわかってしまうくらいです。

 

 

つまり、寺関係の人にとって今の檀家数を聞かれるというのは

 

普通の人にとって

「お宅の預金残高って今いくらあるの?」

と聞かれるような感じになるのですわ。

 

 

私もたまぁに聞かれたりしますが

 

「いやぁ、実はお寺に入ってまだ浅いので、よく知らないんですw」

 

で乗り切ってます(^^;

 

 

てか本当に教えてもらってないし!(笑)

 

 

まぁ、そんな感じで

お寺関係に関する雑学(?)でした。

 

ではまた(^-^)/

チョキができなくてイライラする息子

昨年、2歳になった息子くん。

 

 

「1歳!」と言って

人差し指一本立てることはできているので

 

2歳も教えようと

中指も立てる練習をさせようとしております。

 

2歳ができれば

じゃんけんのチョキやブイサインもできるし~

と、親はノリノリです。

 

 

 

本人もやる気は満々のようで

手をモジョモジョ動かすのですが

 

 

中指を立てて、薬指を折るというのが難しいらしく

親指使って押さえようとしても、痛いのか何なのか

すぐに離れてしまいます。

 

 

最初は頑張って手を動かしていた息子くんも

だんだんとイライラしてきた様子で

 あるタイミングでまた指が離れたときに

 

ギャーギャー泣いて、地団駄踏んで

ひっくり返ってビービー泣いてしまいました。

 

 

 

やりたいのにうまくいかなくてもどかしい気持ち

うんうんわかるよ、と思いながら

なんだか懐かしい気分にさせられました。

 

 

大丈夫。

 そのうち、出来るようになるよ(^-^

5・7・5で、今の心境を語る。

母親が

手を抜いたって

いいじゃない

 

 

…疲れた💦

以上(笑)

明けましておめでとうございます。

やっと三が日が終わりました。

 

 

今年のお正月は妙に疲れが残りましたが

それでもなんとか、今年もお勤めを果たせたかな?という感じです。

 

 

こんな時くらいは頑張らないといけませんしね(^^;

 

 

それでは皆さま

本年も宜しくお願いします。